漢方薬、漢方薬局・薬店のご紹介 | 日本中医薬研究会
日本中医薬研究会ホーム 特集と連載 ブログ「パンダの漢方」 漢方薬・健康食品のご紹介 漢方薬局・薬店のご紹介 日本中医薬研究会とは
TOP > 特集と連載 > 感情が身体にもたらす内因「七情」 > 感情が身体に与える影響

病気をもたらす内因「七情」

TOP 感情が身体に与える影響 七情と内臓の関係


感情が身体に与える影響

心のトラブルは身体の不調を引き起こす

中医学では、気(エネルギー)、血(血液)、水(体液)のバランスが健康の基本であると考えられていますが、ストレスや悲しみ、怒りといった感情の変動は特に生理機能に影響し、血行を悪くしたり、代謝機能を低下させ、神経性胃炎や、過敏性大腸炎、円形脱毛症、不眠、倦怠感など、さまざまな症状を引き起こします。
反対に「笑う門には福来る」といわれるように、よく笑ったり、物事を前向きに明るく受け止めたりすることで、症状を良い方向に導くこともあります。

★注釈
正常な状態での感情の変化は、発病の原因となることはありません。病気の原因になるのは、、急激で強烈な精神的な衝撃や長期間に及ぶ持続的な精神的刺激によって起きる感情の変動を指します。

精神状態を表す「七情」

中医薬では、精神や感情の状態を「喜・怒・憂・思・悲・恐・驚」の七つに分類し、これを「七情(しちじょう)」と呼んでいます。
この感情の変化は内臓(中医学の五臓「心・脾・肺・腎・肝」)に影響を与え、さまざまな症状が現れるとされています。




preview spacer next

プライバシーポシリーサイトマップ
Copiright(C) 2007 Japan China-Science Laboratory.