漢方薬、漢方薬局・薬店のご紹介 | 日本中医薬研究会
日本中医薬研究会ホーム 特集と連載 ブログ「パンダの漢方」 漢方薬・健康食品のご紹介 漢方薬局・薬店のご紹介 日本中医薬研究会とは
TOP > 特集と連載 > 中医薬でストレスを乗り切ろう > ストレスと「七情」の関係


こんな症状はストレスが原因かも!? あなたのストレスはどのタイプ?

メカニズム
嬉しい、悲しいなどの感情は、人間らしく生きるためには欠かせないもの。しかし度が過ぎて感情のバランスを崩すと体調のバランスまで崩れてしまいます。中医学では、怒・喜・思・憂・悲・恐・驚の7つの情緒変化を『七情』とよび、これらの感情が強すぎたり、長期間続いたりするとさまざまな病気を引き起こすと考えます。これは言葉こそ違いますが、現代医学のストレスに対する考え方とほぼ同義。ストレスとは、七情のバランスが乱れた状態のことなのです。

七情が気と臓器に与える影響
中医学における『気』とは、内臓や体内の組織・器官の働きを活発にし、生命活動を支えるエネルギーのこと。気の状態が悪くなると、内臓や組織の働きもスムーズにいかなくなってしまいます。「病は気から」という言葉はここからきているのです。七情の長期に渡る過度な変化は、右図のような影響を気や臓器に与えます。反対に臓器が弱い場合は、情緒変化などのストレスの影響を受けやすくなるので、日頃から内臓の調子を整えておくことも大切です。
悲・憂:気が消える 喜:気が緩む
怒:気が上がる 思:気を結ぶ
驚:気が乱れる 恐:気が下がる


前のページへ   次のページへ


プライバシーポシリーサイトマップ
Copiright(C) 2007 Japan China-Science Laboratory.