漢方薬、漢方薬局・薬店のご紹介 | 日本中医薬研究会
日本中医薬研究会ホーム 特集と連載 ブログ「パンダの漢方」 漢方薬・健康食品のご紹介 漢方薬局・薬店のご紹介 日本中医薬研究会とは
TOP > 特集と連載 > 健康のバロメーター「生理痛」 > タイプ別改善方法

健康のバロメーター「生理痛」

TOP 「生理痛」症状チェック タイプ別改善方法


タイプ別改善方法

中医学では、生理痛は、生理やホルモンとも深い関係がある「血」と、体や各機能を動かすエネルギーである「気」が、何らかの原因で不足したり、停滞したりすることが主な原因と考えられています。生理痛のタイプには、主に次の五つのタイプがあります。

気滞血淤タイプ

気滞血淤タイプ
主な症状と改善方法 ストレスに弱い。生理前にイライラしたり落ち込んだりする。むくみ。生理初期に痛みがある。レバー状の塊がある。不眠や過食傾向がある。舌の色は紫暗。
気を補うエビや鶏肉、牛肉、山芋などの他、セロリや春菊、三つ葉などの香り野菜、オレンジやユズなどの柑橘類、ジャスミンティなどの理気作用がある食材を取り入れましょう。

陽虚内寒タイプ

陽虚内寒タイプ
主な症状と改善方法 手足やお腹が冷える。腰や膝がだるい。頻尿。生理中、または生理後に痛みがあり暖めると楽になる。経血量が少ない。経血量の色は浅暗。舌の色は淡く、苔は白いなど。
体を温める生姜やネギ、ニラなどの食材の他、血行を改善するサバやイワシなどがおすすめです。

湿熱下注タイプ

湿熱下注タイプ
主な症状と改善方法 普段からよく下腹部に痛みがある。生理前に腹部の痛みが激しくなる。おりものが多く黄色っぽい。時々微熱がある。尿量は少なく色が濃い。舌は紅色で苔は黄色いなど。
体に溜まった湿熱を取り除く根菜類、玄米、海藻類、キノコ、冬瓜、アサリ、サンマなどで食養生を。

気血両虚タイプ

気血両虚タイプ
主な症状と改善方法 生理後、または生理中に下腹部に鈍痛があり、マッサージすると楽になる。倦怠感があり、顔色は青白い。食欲不振、軟便傾向。経量は少なく色は淡い。舌の色は淡く、苔は白いなど。
造血作用があるレバーや黒豆、黒キクラゲ、小松菜、鶏肉や、空豆、イモ類、クルミなどで気を補いましょう。

肝腎陰虚タイプ

肝腎陰虚タイプ
主な症状と改善方法 生理の4〜7日前に下腹痛や腰痛がある。経血量は少なく色は淡。のぼせや耳鳴りがある。舌の色は赤く、苔は少ない、または無苔。
肝機能を高めるレバーやほうれん草、ナツメ、クコの実、腎の機能を補う、栗、山芋、黒ゴマ、チーズ、海藻類などで体質改善しましょう。

preview spacer next

プライバシーポシリーサイトマップ
Copiright(C) 2007 Japan China-Science Laboratory.