漢方薬、漢方薬局・薬店のご紹介 | 日本中医薬研究会
日本中医薬研究会ホーム 特集と連載 ブログ「パンダの漢方」 漢方薬・健康食品のご紹介 漢方薬局・薬店のご紹介 日本中医薬研究会とは
TOP > 特集と連載 > 感情が身体にもたらす内因「七情」 > 七情と内臓の関係

病気をもたらす内因「七情」

TOP 感情が身体に与える影響 七情と内臓の関係


七情と内臓の関係

ストレスの影響を受けやすい五臓

七情は、それぞれ「心・脾・肺・腎・肝」と深く関わり、強い怒りや悲しみなどの感情の種類によって、症状が現れる部位(五臓)が変わります。反対に五臓にトラブルが発生すると、感情にも変化が起こります。特に精神活動の中枢である「心」は、すべての感情に影響を受けます。
また五臓の中でも、「肝」や「脾」は、臓腑と生理機能の関係から、特に精神的なストレスの影響を受けやすいため、注意が必要です。

喜-心の主な症状

気が緩む
過剰な喜びは集中力を低下させ、不眠や動悸、失神などを呼び起こす。
[主な症状]
・動悸・不眠・無気力・不安感

怒-肝の主な症状

気を消耗する
過度な怒りは興奮を招き、肝の気を頭部に上昇させ、頭痛や目の赤み、肋骨の下部周辺の張りなどを招く。
[主な症状]
・頭痛・肋骨の下周辺の張り・目が赤い

思-脾の主な症状

気が停滞する
思慮による精神的疲労が過度になると食欲不振や軟便、腹部の張り、不眠、多夢などの症状が現れる。
[主な症状]
・みぞおちのつかえ・食欲不振・腹部の張り

悲・憂-肺の主な症状

気が不足する
過度の悲しみや憂いは、肺の気を消耗し、意気を消沈させて咳や息切れなどを引き起こす。
[主な症状]
・咳・息切れ・ため息

恐・驚-腎の主な症状

気が緩む・乱れる
過度の恐れや驚きは、腎の気を緩めて下降させ、大小便の失禁や、精液の漏れなどを引き起こす。
[主な症状]
・大小便の失禁・白髪が増える

ワンポイントアドバイス

仕事が多忙で十分な休息がとれない生活を送っている人は要注意。日々のストレスをうまく発散して、身体の状態をバランスよく保ちましょう。また、反対に臓器が弱い場合は、情緒変化などのストレスの影響を受けやすくなります。日頃から内臓の調子を整えておくことも大切です。辛いときは、中医薬を上手に使って体調管理に役立てましょう。




preview spacer next

プライバシーポシリーサイトマップ
Copiright(C) 2007 Japan China-Science Laboratory.