特集コーナー
MENU 陰陽説と五行説って? 中医学の診断方法

陰陽説と五行説って?
中医学では人間の身体も自然界に属すると考えます。
そして自然界のものはすべて「陰と陽」、「五行」というカテゴリに分けられます。
このバランスが乱れると人は体調を崩してしまうのです。
もともとは中国哲学の考え方ですが、「陰陽説」「五行説」といった言葉は、風水やさまざまな占いなどにも応用されているので、耳にしたことがある人も多いのではないでしょうか?
それでは、この2つの理論について詳しくみていきましょう。

陰陽説
陰陽説とは、世の中のすべてのものを「陰」と「陽」という2つに分ける考え方です。例えば、昼が「陽」で夜は「陰」、夏は「陽」で冬は「陰」、といった具合です。陰と陽は固定したものではなく、夏から冬へと季節が変化したり、夜がふけ、やがて朝になるように、常にお互いに変化し、補い合う関係だと考えられています。また、「地に降る雨(陰)がやがて蒸発して天の雲(陽)を作り出し、その雲が雨を降らす」というように、陰が陽を生み、陽が陰を生む関係もあります。
この関係は私たちのカラダにも当てはまります。体内の陰陽のバランスがどちらにも偏っていない状態が健康な状態です。このバランスが崩れると体調が悪くなり、乱れたバランスを回復させることができなくなった状態が病気です。
陰/陽の例

五行説
五行説の配当表
世の中のすべてのものは、植物(木)、熱(火)、鉱物(金)、土壌(土)、液体(水)のから成り立っています。この「木・火・土・金・水」が、互いに影響を与え合って自然界のバランスを保っていると考えるのが五行説です。
五行の関係には、プラスの関係である「相生関係」とマイナスの関係である「相剋関係」があります。相生関係は、木が燃えて火になり、灰になって土に帰る…というように、順繰りに次のものを生み出していく関係。相剋関係は、水が火を消し、火が金属を溶かす…というように互いの特性を抑制するの関係です。
中医学では、体を構成する五臓や五感などをすべてこの5つに分類します。例えば、木に当たる「肝」は火の「心」を補い、「心」は土の「脾」の機能を促進する働きがあります。
また、季節や気候も五行に当てはめ、木に分類される春には、同じ要素を持つ、肝の症状が現れやすく、土に分類される長夏(※1)は、消化器系の脾に影響を与える、というように考えます。

この五行に陰(日)と陽(月)を加えたものが、一週間の曜日です。そう考えると陰陽、五行といったものがいかに私たちの生活に身近なものであるかがわかりますね。
back next