ジンマシン その壱

今回はジンマシンの話

 

かゆくてヤですよね

でも同じ物食べても出る人と、出ない人がいるんです

 

ひどい人になると疲れただけで出ちゃう

 

その辺の話

+☆+。゜ +*:;;;:*:;;;:*゜。 +☆++☆+。゜ +*:;;;:*:;;;:* ゜ 。+☆+

 

中医学ではジンマシンは体の外の悪い物が、体の中に入っちゃったときに出来ると考えてるんです

 

食べ物はもちろん、薬品や接着剤、中には気温差なんかが原因でジンマシンが出ちゃう人もいます

 

これらが体の中に入ろうとするんですけど、体は入って欲しくないんです

で、おしくらまんじゅうする

 

負けるとジンマシンできちゃう

+☆+。゜ +*:;;;:*:;;;:*゜。 +☆++☆+。゜ +*:;;;:*:;;;:* ゜ 。+☆+

 

@空気中の悪いものに負けちゃってる編@

 

薬品や接着剤とかはわかりやすいですよね-

明らかに毒っぽい(笑)

 

あんなもの吸い込めばジンマシンの一つや二つできてもおかしくないはず(笑)

 

でも寒さとか、気温差でジンマシンができるというのは なんかはイメージしにくいと思います

でも そういう人いるんですねー

 

~私だけ風邪?~の回でも書いたんですが、昔の人は空気中に病気を起こす何かがあると考えてました

 

寒さや、暑さ、湿気や乾燥、吹いてる風なども、病気の原因になると考えたんです

 

(゚Д゚)?

 

 


勝手なイメージだと、なんだか「寒」って書いてあるツブツブが空気中にフワフワういてる感じ

中医学ではこれを「邪(じゃ)」って言うんですけどね

 

で、寒いツブツブは「寒邪(かんじゃ)」

もちろん暑いとこでは「暑」ってツブツブが、湿度が高いとこでは「湿」ってツブツブがそこら辺にういてる

 

ちなみに空気中を舞っている接着剤とかは「毒」って書いてあるツブツブ(笑)

それが普通の量なら問題ないんだけど、多すぎると体に入ってきちゃて悪さしちゃいます

 

でも、このときに肺がしっかりしてる人ならバリアーがしっかりはれるので、いやなツブツブがたくさんあるとこでも平気

 

はね返せるもんね

 

逆に肺のエネルギー少なくて、バリアーウスウスの人は少量のツブツブにも体に入られちゃう

で、ジンマシンが出来ちゃうんですね-

 

そんな感じ(´∀`)

ひどい人だとちょっとした温度差=ちょっとした寒邪とかで ジンマシンでちゃったりします

 

もちろん漢方薬で、肺のエネルギーを増やして、バリアーをしっかりはれば、ツブツブの侵入を防ぐことができるんですよ(=´ー`)ノ

*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:゜:∵:*:。:∴:*:

~漢方水先案内パンダ・テンテン~


 

2008年2月26日 : Author リュウリュウ : 記事のページへ
漢方Blog タグ:,  

トラックバック(0)

このブログ記事に対するトラックバックURL:
http://www.chuiyaku.or.jp/mt/mt-tb.cgi/37

コメントする